東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

舎人公園 時空もつなぐ新線

日暮里・舎人ライナーが貫く舎人公園。緑豊かで住宅が密集する下町のオアシスのよう=本社ヘリ「おおづる」から(坂本亜由理撮影)

写真

 荒川を越えると高い建物は少なくなり、ゆったりとした郊外の雰囲気に変わる。そこを貫くひと筋の直線が「日暮里・舎人ライナー」だ。陸の孤島だった住宅地を山手線駅と結んだ全長9.7キロの新交通システムは、開通から5年がたった。

 足立区立郷土博物館によると、古代、貴族や皇族に仕える下級役人のことを指した「舎人」が、初めて地名として古文書に登場するのは1500年代、戦国時代のことだ。舎人氏という武家が、この地を支配していた。江戸時代に入ると、舎人氏の一部は尾張徳川家の家臣となるため移っていった。その名残として、名古屋市中心部には「舎人公園」が存在する。

 こぢんまりとした名古屋の公園と違い、都立舎人公園は、東京ドーム13個分の広大な敷地を誇る。戦時中に防空緑地となった自然を生かし、スポーツ施設や、池や林が整備された。アクセスがよくなったことで、都心からも多くの人たちが訪れるようになった。

 郷土博物館の学芸員・多田文夫さん(49)は「ライナー開通でマンションが増え、徐々に街並みは変わっているが、自然が豊かで歴史の込められた土地のよさを忘れず、調和した街に発展していってほしい」と話す。 (土屋善文)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報