東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

石神井公園 父娘の愛 思い馳せ

二つの池を取り巻く新緑が美しい練馬区の石神井公園=本社ヘリ「あさづる」から(河口貞史撮影)

写真

 かつて武蔵野三大湧水池の一つとされ、起伏に富んだ土地を石神井川が流れる。その池と川を自然の要害として築かれたのが中世の平城・石神井城。当地を支配した豊島氏の居城だった。

 1477(文明9)年、豊島氏が太田道灌との戦いに敗れたときの伝説が残る。落城を前に城主の豊島泰経(やすつね)は、家宝の黄金の鞍(くら)を載せた白馬にまたがり三宝寺池に身を沈める。悲嘆した泰経の娘、照姫も父の後を追い入水(じゅすい)する。

 ただ、史実では泰経は平塚城(現在の北区)に逃れ、翌年に再び道灌と一戦を交えている。史料にも照姫に関する記述はない。矛盾する伝説はどうして生まれたのか。

 「明治期の小説で広まった」。郷土史家の平田英二さん(61)の説明だ。石神井は首都近郊のオアシスとして観光人気が高まっていた。歴史ロマンがPRに使われたという。「静かに水をたたえる池の雰囲気にぴったりだった」

 1933年には水路をせき止め、もう一つの池が造られた。いまはボート乗り場としてにぎわう石神井池だ。区民が照姫らに扮(ふん)する「照姫まつり」は街の恒例行事。今年も落城日の4月28日に行われた。父を思う娘の愛情に思いを馳(は)せながら多くの家族連れが参加した。 (竹島勇)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by