東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

レインボーブリッジ 首都の海上門

都心のビル群を背景に優美な姿を見せるレインボーブリッジ=本社ヘリ「あさづる」から(伊藤遼撮影)

写真

 幕末の伊豆韮山代官江川英龍(ひでたつ)はマルチな才人だった。日本全国にパンを広めた「パン祖」であり、絵筆も執り、兵法に秀でていた。

 開国を迫るペリーの黒船が来航すると、東京湾防衛の要として砲台を据える台場を建設するよう、幕府から命じられる。英龍は、現在の東品川から豊洲にかけて12基を並べる計画を立てた。

 最初の台場が着工されてから140年後の1993年、英龍のデザインした防衛ラインをなぞるようにレインボーブリッジが開通した。夜には444個の照明で輝く橋は、国内外からやってくる船に、旅の始まりと終わりを告げる首都の海上門でもある。伊豆大島からジェット船で竹芝埠頭(ふとう)に戻ってきた林弘美さん(31)=荒川区=は話した。「橋をくぐるたび『おかえり』と祝福されたような気分になる」

 いま、2基の台場が国の史跡として残る。軍事施設として造られた小さな島は生い茂る緑に包まれ、祈りの場にも似た神秘的な姿を見せている。そのすぐ真上で「虹の架け橋」が、きょうも多くの人々の夢を運んでいる。 (永山陽平)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報