東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

西が丘 より強く 一流選手集う

住宅地の中にある味の素ナショナルトレーニングセンター(中央)。多くのスポーツ競技団体が選手強化に使用している=本社ヘリ「あさづる」から(松崎浩一撮影)

写真

 今から70年前、この上空も飛んだであろう米軍機から見えたのは、明治以来の広大な軍事施設だった。サッカー場などがある北区西が丘は、陸軍兵器補給廠(しょう)があった場所。兵器の購入や、保管、修理、支給などを行っていた。 

 戦後になって軍用地の大半を米軍が接収。住民らの軍用地解放運動が実を結び、徐々に返還が進んだ。跡地は団地や学校、スポーツ施設などに変わった。区内の米軍接収地が完全に無くなったのは大阪万博の翌年の1971年。ベトナムではまだ戦争が続いていた。

 解放運動中の東京五輪では、区内を聖火リレーが通過し、2万5000人が歓迎した。「平和の祭典」は軍事都市の記憶を消し去る熱狂をもたらした。

 そして2008年、スポーツにおける国際競争力強化を狙う「ナショナルトレーニングセンター」がオープン。今から5年後の東京五輪・パラリンピックを目指すアスリートが汗を流す。車いすフェンシングの安直樹選手(38)は「五輪選手と一緒に練習できる」と笑顔だ。ボイコットする国・地域もなく、バリアフリーな祭典であれば。 (中村信也)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by