東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

千鳥ケ淵と靖国神社 鎮魂の森 夜桜映え

ライトに浮かび上がる夜桜が人々の心を和ませる千鳥ケ淵と靖国神社=東京都千代田区で、本社ヘリ「おおづる」から(北村彰撮影)

写真

 春になれば、山の神こと「サの神」が、神霊鎮まるクラ(座)に集う。降臨を知らせる術として、花びらを薄紅色に染め上げる。諸説ある桜の語源の一つ、と伝わる。

 数日かけて咲き、満開はわずか、そして散り急ぐ。短く、はかなしと見えて、絶妙なほどほどの寿命も、人の心を引きつけるゆえんだろうか。

 一片の花びらに若き命を重ねた時代もあった。「散り際の美学」は強調され、「潔く散れ」。軍靴とどろくにつれ、人は戦場に送られた。

 その数、千鳥ケ淵に36万柱、靖国神社に246万柱。「この地の桜は、特別な意味合いを宿す。少しでも長生きさせてやりたい」。10年以上、桜を見守る樹木医、美濃又哲男さん(57)は言う。

 生命力たぎるつぼみが膨らみ、はじけ、今年も繚乱(りょうらん)の時を迎えた。夜桜は光に照らされ、都会の森に桜色の点線をつくる。

 「万葉」の歌で梅に圧倒されていた桜が「古今集」では逆転。以後、花の営みは、昼夜問わず人をいざなう。今年はどんな人間が来るのやら、と眺めるのは年々歳々同じの花。(木原育子)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報