東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

釣ケ崎海岸 五輪待つサーフ「道場」  

円弧状の砂浜が続き青い海が美しい九十九里浜。手前が2020年東京五輪のサーフィン会場となる釣ケ崎海岸=千葉県一宮町で、本社ヘリ「まなづる」から(笠原和則撮影)

写真

 夏の盛り、九十九里浜の南端にある釣ケ崎(つりがさき)海岸(千葉県一宮町)は、サーフボードを抱えた男女でにぎわう。1年を通して波が打ち寄せ、サーファーたちが技術を磨く「道場」として知られる。

 戦後、米国人たちが外房や湘南などでサーフィンを楽しむようになり、日本の若者たちにも広まった。釣ケ崎海岸のサーフポイントは、サーファーの間で通称「志田下」と呼ばれ、海外でも「シダシタ」で通じる。由来は、地元出身の故・志田利寿(としじゅ)さんと家族らが1958年から27年間、浜辺で海の家を営んでいたからだ。

 渚(なぎさ)の景色は、潮の満ち引きの具合で毎日、表情を変える。一宮町で育ったプロサーファー大原洋人(ひろと)さん(20)は潮風を受けながら「波を見ているだけで落ち着く場所」と教えてくれた。

 町には年間約60万人が波乗りに訪れ、移住者も増えている。町がさらに盛り上がりそうなのが、2020年の東京五輪。五輪史上初のサーフィン競技が、志田下で開かれる。3年後の夏、潮騒が心地よい海岸に、五輪の歓声がうねりとなって押し寄せるはずだ。 (中山岳)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報