東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

早稲田 学生と共に歩む

神田川が流れ、早稲田大と学習院女子大の二つの大学周辺に住宅地が広がる新宿区西早稲田、戸山周辺=本社ヘリ「おおづる」から(嶋邦夫撮影)

写真

 神田川南岸の低地に位置する早稲田(新宿区)の地名は、江戸時代の早稲田村にちなむ。生育の早い稲の田を意味するとされ、水田やミョウガ畑が広がっていたこの地は、明治以降、早稲田大学を中心とする学生街へと変貌した。

 尾張藩下屋敷があった一帯には、明治から終戦まで旧陸軍の施設が設けられた。現在は戸山公園や都立戸山高校、学習院女子大、国立感染症研究所などが並ぶ。戸山公園にある江戸期の築山「箱根山」は、23区内で最高峰の標高44.6メートル。頂に登れば、少し見下ろす高さに360度パノラマの桜が楽しめる。園内には陸軍戸山学校軍楽隊の野外演奏場跡も残り、歴史の重なりを感じられる。

 早稲田大周辺は学生でにぎわい、この時期「祝ご入学」の張り紙が目につく。地元商店連合会の北上昌夫会長(71)は「街と学生が一体」と語る。学生の姿が減る夏休み時期に開く催しや秋の大学祭では、商店会と学生が協力し合う。商店主は高齢化で60歳代が中心だが、スマホ決済などIT技術も活用して学生にアピールし、大学との共存を続ける道を模索している。 (増井のぞみ)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報