東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

西葛西 リトル・インディア

マンションが立ち並ぶ住宅地に多くの小中学校がある東京メトロ西葛西駅周辺=本社ヘリ「おおづる」から(嶋邦夫撮影)

写真

 西葛西は水辺や公園が多く、スポーツ施設も充実する。子育てに適した都心のベッドタウンは近年、リトル・インディアとも呼ばれる。江戸川区のインド人は都内で最も多い約4000人。東京メトロ東西線の西葛西駅を出ると、香ばしいカレーの匂いが漂ってくる。

 行き交うインド人の中に、地元の人が振り返り握手を求める有名人がいる。立派な白ひげの貿易業ジャグモハン・S・チャンドラニさん(66)。紅茶の輸入のため40年前に来日した。癒やしの場所の荒川は「川幅の広さが故郷のガンジス川に似ている」と話す。

 コンピューターの誤作動が指摘された「2000年問題」を機に、国内のIT企業はインド人技術者を雇用した。チャンドラニさんは彼らの住居探しを手伝い、清新町などの団地で暮らすようになった。人工知能(AI)の発達で再び人材が求められているという。

 チャンドラニさんらは毎年10月に、地域の人たちとの交流を楽しみに、母国の祝祭にちなんだ「ディワリフェスタ」を開いている。今年も27日、新長島川親水公園近くの新田6号公園に、カレーやタンドリーチキンの屋台がところ狭しと並ぶ。 (加藤健太)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報