東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

秩父 祭りと共に歩む

荒川に沿う平地に秩父神社や秩父観音札所の寺が点在する秩父市の中心市街地=本社ヘリ「おおづる」から(潟沼義樹撮影)

写真

 東京湾に注ぐ荒川の流れをさかのぼると、関東平野と隔てられたひし形のくぼ地に行き当たる。埼玉県の秩父盆地だ。1500万〜1700万年前までは湾だったとされ、貴重な堆積層や海の哺乳類の化石が見つかっている。秩父の人々はこの「海の底」で養蚕や機織りに励み、豊かな文化を花開かせてきた。

 秩父の文化を象徴するのは「祭り」だ。木筒をロケットのように打ち上げる「龍勢祭」や、荒川に神輿(みこし)を引き入れて水を掛ける「秩父川瀬祭」など、その数は年間300とも400とも。ただ、少子化や若者の流出で担い手が少なくなり、既に途絶えた祭りも少なくない。

 日本三大曳山(ひきやま)祭りの一つに数えられる「秩父夜祭」は、秩父最大の祭事だ。12月3日の夜、絢爛豪華(けんらんごうか)な山車が秩父神社から秩父市役所そばのお旅所へと巡行する。「ホーリャイ、ホーリャイ」と声を掛けるはやし手たちに、見物客がカメラのフラッシュを浴びせる。

 市文化財保護審議委員長の高橋信一郎(のぶいちろう)さん(80)は話す。「昔の人は、夜祭の市で絹を売り、年貢を納め、借金を返して年を越した。夜祭は秩父の人の生活そのものなんです」

  (出来田敬司)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報