東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

東京タワー 愛され続けて60年

昨年12月に開業60年を迎えた東京タワー。富士山とともに日本を代表する光景の一つだ=東京都港区で、本社ヘリ「おおづる」から(朝倉豊撮影)

写真

 東京のシンボル、東京タワーは昨年12月で開業から60年を迎えた。昭和と平成でそれぞれ30年ずつを過ごし、人々の記憶に刻まれてきた。

 2002年から大展望台(現メインデッキ)で音楽イベントなどを開催してきた写真家・プロデューサーの水野雄介さん(57)は、関係者しか見ることができない東京タワーの姿をカメラに収め続け、17年に写真集「TOKYO TOWER JUNCTION」を出版した。「これだけ愛されている建造物はない。鉄塔という無機物なのに、人と人をつなぐ有機的なぬくもりがある」と話す。

 今、周囲は高層ビルが立ち並び、333メートルの高さが以前ほど注目されることはない。「先がとがっていることが人々の琴線に触れるのでは、と近頃は思うんですよね」と管理運営会社の前田伸(しん)社長(56)。遠くに見える富士山と併せ見ると、柱状のビルに囲まれたタワーの「かたち」は、ひときわ存在感を放つ。「100年を超え、都市や国を超える価値を持つような存在に」。前田さんが先を見据えた。 (山田祐一郎)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報