東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木

ここから本文

【栃木】

写真

 県内の山里で大工をしながら、七十歳を過ぎて日本国憲法を読み込み、解説本を出版した男性がいる。憲法と国造りは、家を建てる過程に似ていると驚き、独自の「大工目線」で条文の意義を説いた。憲法を守りたい思いが強まり「憲法を学べば素晴らしさに気づく」と訴える。(12月9日) [→記事全文へ]

[写真]

大工目線の憲法解説本を出した明良佐藤さん=茂木町の自ら建てた自宅前で

 
写真
[写真]

カンファレンスには会場が満席になるほどの関係者やメディアの出席者が訪れ、関心の高さをうかがわせた=1日、東京都渋谷区で

 

PR情報