東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

茨城でも子ども甲状腺検査 原発事故6年で健康懸念なお

子どもの甲状腺検査をする医師ら=茨城県守谷市で

写真

 東京電力福島第一原発事故の子どもたちへの健康影響を調べるため、民間の甲状腺エコー検査が、茨城県つくば市と守谷市でそれぞれ開かれた。十一、十二日の二日間で計百三十二人が受診し、原発事故から六年近くたっても、父母らからは健康影響を懸念する声が聞かれた。

 検査を主催したのは、守谷市の常総生協などが設立した「関東子ども健康調査支援基金」。ボランティアの医師や各地の市民団体などの協力で、二〇一三年秋から茨城、千葉など関東五県の各地で、約九十回の集団検査を開催。これまで、延べ約六千六百人の子どもを検査してきた。

 木本さゆり共同代表によると、検査を始めた当時のように、受診希望が殺到することはなくなった。それでも、地元の幼稚園などでチラシを配ると、初めて検査を受診に訪れる人が増えるという。今回も四割程度が初めてで、「まだ需要は多い」と語る。

 守谷市内の検査会場の常総生協では、栃木県内の男性会社員(51)の長女(8つ)が初めて受診。甲状腺に液体がたまった「のう胞」が確認されたが、医師から「自然にできるもの。定期的に検査をすればいい」と説明されたという。

 男性は「事故当時の風向きを考えると、放射性ヨウ素が飛んできた可能性があるので、もやもやした不安があった。気軽に検査できる場を、たまたまネットで見つけた。驚くような検査結果ではなくて、ひとまず安心した」と話した。 (宮本隆康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by