東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「栃木掃除に学ぶ会」20年の活動振り返る 宇都宮で19日、催し

 一九九七年から宇都宮市のJR宇都宮駅周辺で清掃活動を続ける「栃木掃除に学ぶ会」は十九日、二十年の活動を振り返る記念イベントを同市上大曽町のホテル東日本宇都宮で開く。当日は、植木政行代表らが掃除の魅力や心構えなどを語る。

 会によると、毎月第一日曜の早朝が活動日で、これまで二百五十回以上の活動で約一万五千人が参加。活動は県内各地の駅や学校にも広がっている。

 イベントでは、一人で清掃活動を始めた植木代表と三人のボランティア仲間が、二十年を振り返る形で進行。繁華街の二十年の変化、活動に参加した生徒や保護者との感動エピソードなどを披露するという。

 事務局の斎藤健寿(たけひさ)さんは「たった一人で始めた活動がこれだけ広がった理由や、継続の大切さが一人でも多くの人に伝わってくれたら」と話している。

 イベントは午後四時開始。入場無料。定員百人で、参加希望者は当日に直接会場へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報