東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

映像や漫画…LRT理解を 宇都宮市、本年度も巡回展示

漫画のパネルなどを展示しているベルモールでのオープンハウス=宇都宮市で

写真

 宇都宮市が進める次世代型路面電車(LRT)事業の内容を知ってもらう巡回展示「オープンハウス」が本年度も始まった。会場には担当職員を常駐させ、幅広く市民から意見を募りつつ、説明を通じて事業への理解を得たい考えだ。

 現在開催中の商業施設「ベルモール」(同市陽東)では、事業内容を紹介したパネルや映像のほか、漫画を取り入れた新作のパンフレットや新たなデザインのチラシを用意。漫画はパネルにして拡大展示もしており、分かりやすい内容となるよう意識している。

 ただし、市民の反応はさまざまだ。市内の自営業の男性(68)は「全体的にLRTありきの内容が目立つ。もっとLRTの効果やまちづくりの方向性を示してほしい」と要望していた。

 市によると、オープンハウスは二〇一一年度から始まり、一六年度までに約一万五千人が来場した。一六年度は延べ五十八日間開催。本年度も市民が集まりやすい市街地や商業施設などを選んで開くという。

 ベルモールでのオープンハウスは二十一日までの午前十時〜午後七時。二十四〜二十八日は市役所で午前九時〜午後五時に開く。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by