東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

自然の大切さ伝えよう 「山の日」那須町で記念全国大会

地元の子供たちと歌う加藤登紀子さん=那須町で

写真

 山の日の11日、那須町の同町文化センターで、「第2回『山の日』記念全国大会」が開かれた。歌手加藤登紀子さんが、山の日を提唱した塩谷町出身の作曲家、故船村徹さんプロデュースの歌を披露するなど、場内を盛り上げた。 (北浜修)

 祝日となった山の日を記念する大会は昨年、長野県で開催された。二回目となる今回は栃木県などでつくる実行委員会が主催した。県内外から一般参加者や来賓、関係者ら約九百人が参加した。

 式典で福田富一知事は「山の日記念全国大会が栃木県で開かれることは、県や県民にとって栄誉なこと。提唱された船村先生をはじめ関係者のご尽力のたまもので、心からお礼を申し上げる。魅力ある栃木の山や自然を存分に体験してほしい」とあいさつ。

 福田知事は今年三月、那須町で高校生ら計八人が死亡する雪崩事故が発生したことにも触れ「あらためてご冥福をお祈りする」と悼んだ。

 ステージで加藤登紀子さんは「船村さんはたくさんの歌をつくってくださった」と語り、船村さんがプロデュースした「山はふるさと」を地元の子供たちとともに歌うと、場内は大きな拍手に包まれた。

 山と人間のつながりなどをテーマにしたシンポジウムもあり、登山家の野口健さんは「山を楽しむこと、山や自然を守ること(の大切さ)を、次世代の人々にどう伝えていくのか。われわれ登山関係者の役目だ」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報