東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

県産材の「しゃもじ」寄贈 宇都宮市に農林中金 「もったいないフェア」であす配布

農林中央金庫が市に寄贈したしゃもじとスマートフォンスタンド=宇都宮市役所で

写真

 農林中央金庫(農林中金)は二十一日、「もったいない運動」を進める宇都宮市に、県産木材を使ったしゃもじとスマートフォンスタンドを三百五十個ずつ寄贈した。二十四日に市内の宇都宮城址(じょうし)公園で開かれる「もったいないフェア宇都宮」で配られる。県産材を使った物品の市への寄贈は十三年連続。今回はフェアのテーマが「食」であることから、しゃもじなどが選ばれた。しゃもじはサワグルミ、スマートフォンスタンドはヒノキを使った。

 市役所で寄贈式があり、佐藤栄一市長に目録とPR用の長さ八十センチの巨大しゃもじが贈られた。農林中金関東業務部長の有田吉弘さんは「来場者に喜んでもらえたらうれしい。引き続き支援したい」と話した。

 寄贈品は、古本・DVD回収への協力者や、アンケート回答者への景品として配られる。フェアは午前十時〜午後三時。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報