東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

1月15日は「いちご王国・栃木の日」 県宣言、来年は官民集中プロモ

生産量が50年連続日本一となる見通しの県産イチゴ(県提供)

写真

 都道府県別のイチゴの生産量で、栃木が五十年連続の日本一となることが確実になった。県は一月十五日を「いちご王国・栃木の日」と宣言。来年は二月十四日までの一カ月間、官民挙げて集中的に「いちご王国」のプロモーションを展開する。 (北浜修)

 県によると、県産イチゴの二〇一六年産の生産量は二万五千百トンで、一九六八年以来、四十九年連続で全国一となった。二〇一七年産はこれまでの販売実績がすでに二万トンを超え、二位の福岡県産の約一万一千トンを大きく引き離しており、栃木県が「生産量日本一」の座を半世紀にわたって守るのは確実という。

 「いちご王国・栃木の日」はイチゴの語呂合わせと出荷の最盛期に合わせて一月十五日とした。

 県は県内の農業、商工、観光の各団体や企業などが参加するプロモーションの推進委員会をつくり、福田富一知事が会長に就く。

 プロモーションは、県庁と県内の大型商業施設などで展開する。県庁では「いちご王国」宣言セレモニーを開催。イチゴをモチーフに県庁舎を装飾したり、イチゴずくめの直売所を設けたりする。

 県内の大型商業施設では関連イベントを開く。各地の飲食店や農業レストラン、洋菓子店、ホテル、旅館では、県産イチゴを活用した料理やスイーツなどを提供する。県は、統一ロゴの導入も検討する。

 県内の自治体とJRグループ各社などが合同で来春展開する観光の「デスティネーションキャンペーン」とも連携し、「いちご王国」を全国に発信する。

 福田知事は「五十年日本一を機に、栃木県のブランド価値の向上を図る。本県の主要な地域資源の『いちご』をテーマに、地方創生を進めていく」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報