東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「やさしく、楽しく憲法を知ろう」集会

 今年で施行七十年の憲法について考える集会「やさしく、楽しく憲法を知ろう」が、三十日午後二時から足利市の足利市民プラザで開かれる。主催は「足利・九条の会」。

 歌や漫談を交えて憲法を分かりやすく説く活動を続けている群馬県桐生市の小学校教員高橋保さん(60)が、戦後の国際社会の歴史を振り返りつつ、九条を柱とする憲法を語る。

 高橋さんは自ら作詞作曲した歌の「みんなに やさしい きみだから しあわせに なるんだね」「だれにでも しんせつな きみだから しあわせに なるんだね」というフレーズを挙げて「これが憲法の考え方」と話す。「憲法はまだ実現できていないと思う。身近なところに憲法があることに気付いてほしい」と呼びかける。

 参加無料。問い合わせは「足利・九条の会」の岩田順(よし)三朗さん=電0284(43)0144=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報