東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

イチゴのやぐら提灯設置 来月7、8日の秋まつりPR

イチゴの飾りがぶら下がるやぐら提灯=鹿沼市役所で

写真

 「いちご市」を宣言している鹿沼市役所前に、イチゴの飾りをつるしたやぐら提灯(ぢょうちん)が設置された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録後、初めてとなる来月七、八日の「鹿沼秋まつり」をPRするやぐらで、いちご市もしっかりとアピールした。

 やぐら提灯はまつり実行委が市内二十五カ所に設置。市役所前のやぐらの前面は定番の提灯に代わって三十六個のイチゴ飾りがつるされ、背景の木々の緑に赤がよく映える。「ようこそ いちご市へ」といちご市と秋まつりのPRをしている。

 「いろいろおもしろいことのある鹿沼市にぜひ住んでほしい」(市シティプロモーション係)との思いも込められているという。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報