東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<衆院選>民進3氏 希望から出馬へ 県連、公認申請求める 緊急幹事会

衆院選への対策をめぐり、急きょ開かれた民進党県連の緊急幹事会=宇都宮市で

写真

 衆院が解散された二十八日、民進党県連は宇都宮市の県連事務所で緊急幹事会を開き、小池百合子東京都知事が結成を主導した新党「希望の党」への合流という党本部の方針に沿って、衆院選に臨むことを確認した。民進党公認候補として擁立を決めている小選挙区の立候補予定者三人は希望の党の公認候補として出馬する方針で、民進党本部に希望の党への公認申請を求める。 (北浜修)

 立候補予定の三人は栃木1区の新人渡辺典喜氏、栃木2区の前職で県連代表の福田昭夫氏、栃木4区の新人藤岡隆雄氏。

 緊急幹事会は非公開で行われた。終了後、松井正一幹事長が記者会見し「希望の党の公認という形だが、民進党の考え方、政策は変わらない。安倍政権をこの選挙で終わらせるという点では、ダイナミックな戦術かもしれない」と、党本部の方針を受け入れた理由を説明した。

 松井氏によると、幹事会では参加者から、政策面の不一致や、希望の党が結成されたばかりで組織面や財政面などに不安があることを懸念する声が出たが、「前原(誠司)代表を信じてついていく」と、最終的に党本部の方針を受け入れる方向にまとまったという。

 松井氏は、安全保障や消費税などをめぐる両党の政策の違いについて「不一致は否めない」と認めながらも、「(選挙戦では)民進党の政策を訴えていく」と述べた。県連として候補を擁立できていない栃木3、5区の候補者選定については「コメントは差し控える」と述べるにとどまった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報