東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

渡辺喜美氏、参院残留 衆院栃木3区へ くら替えを断念

報道陣に、くら替え出馬断念を発表する渡辺氏(右)=大田原市で

写真

 衆院選で、新党「希望の党」を念頭に、栃木3区へのくら替え出馬を検討してきた無所属の渡辺喜美参院議員(65)が九月三十日、立候補断念を表明した。同日夜、大田原市で開かれた支持者の会合へ出席後、記者団に明らかにした。希望の党へ入党するか否かには「忍者(裏方)として動いてきたので、表に出るか、忍者でいくかは決めていない」と明言を避けた。

 渡辺氏によると、同党代表の小池百合子東京都知事の周辺から「参院にとどまってほしい」と要請されたと説明。渡辺氏は「断腸の思いで受け入れ、出馬をあきらめる。参院の政界再編がこれから起きるので、こちらの仕事をしなければいけない」と述べ、引き続き参院議員として活動する意向を示した。

 かつての地盤だった栃木3区について、渡辺氏は「希望の党は多くの選挙区で候補を立てたいとのことなので、不戦敗にするわけにはいかない。必ず誰かを立てる」と、人選を急ぐ姿勢を見せた。

 渡辺氏は前回衆院選で落選。昨年の参院選で、旧おおさか維新の会から比例代表で当選。今年六月、東京都議選で小池氏と連携するとして、日本維新の会に離党届を提出し、除名処分になっていた。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報