東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<衆院選>2区の立候補予定 共産取り下げ 

 共産党県委員会は六日、十日公示の衆院選で、栃木2区から出馬予定だった新人の小池一徳さん(56)について、2区からの立候補予定は取り下げ、比例代表の単独候補にすることを発表した。民進党県連代表の前職福田昭夫さん(69)が無所属で立候補を表明しており、野党共闘を目指し、福田さんを支持する。

 2区は自民党前職西川公也さん(74)が出馬予定で、福田さんと西川さんの一騎打ちになる見通し。

 県庁で記者会見した小林年治委員長は「福田さんの安保法制に反対し、憲法を守るという思いは同じ。(与党の)自公と補完勢力を追い込むことで、力を合わせる」と強調した。

  (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報