東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

市内バス無料、5年間に延長 免許返納で大田原市

有効期間が5年に延長される無料乗車証の見本

写真

 大田原市は今月から、運転免許証を自主返納した高齢者に交付していた市営バスなど公共交通機関の無料乗車証の有効期間を一年間から五年間に延長した。

 無料で乗車できるのは、市営バス(一回百円)と民間の東野交通路線バスの市内区間、デマンド交通バス(黒羽、川西、両郷、須賀川地区)。自主返納時に六十五歳以上で、返納してから一年以内の市民が対象。

 自主返納の支援は二〇一二年度からで、これまでに百七十五人に無料乗車証を交付した。市危機管理課の担当者は「返納しやすい環境を整え、事故防止につなげたい」と話している。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報