東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

豪華時代絵巻 800人が武者行列 日光東照宮、観客魅了

日光東照宮で行われた「百物揃千人武者行列」で、徳川家康を祭ったみこしを担ぐ市民ら=日光市で

写真

 日光市の日光東照宮で十七日、江戸時代から続く恒例行事「百物揃(ひゃくものぞろい)千人武者行列」が行われ、豪華な時代絵巻が大勢の観光客を魅了した。

 徳川家康を祭ったみこしを中心に、よろい武者姿の市民ら約八百人が東照宮の約一キロの参道を行進。行列が始まると曇り空から日が差し始め、訪れた観光客たちは金色に輝く装束をまとった行列を写真に収めようとカメラを向けていた。家康を祭ったみこしにさい銭を投げ入れる人もいた。

 さいたま市浦和区から町内会の日帰り旅行で来たという無職宮田清一さん(76)は「初めて見たが、規模が大きくてびっくりした。すごかったね」と笑顔だった。

 千人武者行列は、毎年春と秋の例大祭で開催されている。家康が死去した翌年の一六一七年、遺言に従い静岡県の久能山から日光に改葬した際の行列などを再現したとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報