東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<衆院選>格差是正で経済立て直す 立憲民主・枝野代表が来県

立憲民主党への支持を呼び掛ける枝野代表=JR宇都宮駅前で

写真

 立憲民主党の枝野幸男代表が十七日、出身地の宇都宮市のJR宇都宮駅前で街頭演説し、格差是正による景気対策や立憲主義に基づく「まっとうな政治」の確立を訴え、党への支持拡大を呼び掛けた。

 安倍政権の経済政策を「格差が広がり、本格的な景気回復にはならない」と批判。「分厚い中間層の収入が減り続ければ国内で物が売れないのは当たり前。格差の是正が経済を立て直す道だ」と力説した。

 介護や看護、保育の現場の人手不足にも触れて「老後や自分の力ではどうにもならないことをお互いさまで支え合う、その仕組みに政治がしっかりとお金を流すべきだ」と主張した。

 安保法制などを例に「権力を持っていれば何をやってもいいのか。憲法に基づき権限を行使するのが大前提だ」と訴えた。「自らの選挙区を通り越してふるさとに来た」と笑顔も見せ「党をつくったのは枝野ではなく皆さん。この選挙をまっとうな政治をつくるための第一歩としよう」と締めくくった。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報