東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

県内グルメが大集合 県庁で食と農ふれあいフェア

ニラ鍋を求めてにぎわうブース=宇都宮市で

写真

 県内の農産物や特産物を一堂に集めた「とちぎ食と農ふれあいフェア」が二十八日、県庁であった。直売所や食べ比べができるコーナーが人気を集め、家族連れなどでにぎわった。

 今年で三十三回目を迎えた恒例イベントで、県内二十五市町と企業、団体の計百八十一ブースが出展。和牛や県産イチゴを使ったジャム、ジェラートなどのグルメが勢ぞろいし、多くの人が列をつくった。

 「コシヒカリ」「なすひかり」「とちぎの星」の県産米三品種の食べ比べでは、地元の専門学校生が作った麻婆(マーボー)ナスなどのおかずと一緒に提供されて喜ばれた。県の生産量が全国二位のニラを使った「ニラ鍋」も二種類が用意され、ニラの香りを楽しみながら笑顔で味わう人が多かった。

 フェアは二十九日も開催予定だったが、台風接近のため中止となった。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報