東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

防犯カメラ新たに190台 真岡市の公園に

西真岡公園に設置された防犯カメラと告知看板=真岡市で

写真

 真岡市は、二〇一九年度までに、市が管理する都市公園などのうち中心市街地に近い七十カ所で計百九十台の防犯カメラを新たに設置すると発表した。本年度は十九カ所、計六十四台を設置する。

 トイレなどの公園施設の破壊やたき火、バイクの乗り入れといった迷惑行為の防止のため、市は一五年度に西真岡公園など四カ所に防犯カメラを設置。これら以外の公園でも迷惑行為が発生していることから、拡大することにした。

 防犯カメラは夜間でも録画が可能で、映像は本体内に保存する。設置費用は三年間で約七千万円。老朽化している既存の防犯カメラも高性能カメラに更新するという。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報