東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

佐野の折田さん、あしかがフラワーパークで撮影 大藤 カレンダーに

鮮やかな大藤の写真が掲載されたカレンダーを手に笑顔の折田さん=足利市で

写真

 ゆうちょ銀行が製作した二〇一八年版カレンダーに足利市のあしかがフラワーパークの大藤をとらえた写真が採用された。撮影したのは、佐野市に住む会社員の折田利弘さん(43)。カレンダーは栃木を含む一都十一県の郵便局、ゆうちょ銀行で配布されており、折田さんは「ひとりでも多くの方に足利へ来ていただくきっかけになれば」と期待している。

 同銀行は、全国のデザイナーや写真家、イラスト作家らが自分にとって思い入れのある町を紹介するプロジェクト「マチオモイ帖(ちょう)」と連携。国内各地の情景や魅力をイラストや写真、言葉で表現するカレンダーを一三年版から発行している。

 一八年版は一七年版に続き、全国で四種類が作られた。折田さんは知人に誘われて応募。関東一都六県と山梨県、愛知など東海四県の町が登場する二十七万七千部の四月分として、大藤の写真が採用された。

 折田さんは足利市で介護施設を運営する会社に勤めながら、カメラマンとして活躍。各種コンクールで受賞を重ね、市のPRを担うグループの一員も務める。大藤の一枚は五月四日早朝に16ミリレンズで撮影。「ローアングルで、画面いっぱいに垂れ下がっている様子を撮りたかった。(掲載は)非常に光栄」と顔をほころばせた。

 カレンダーでは、各地の郵便局長が地元の観光スポットなどをPR。足利有楽町郵便局の駒田浩之局長(46)はあしかがフラワーパークに加え、「ココ・ファーム・ワイナリー」、「ポテト入り焼きそば」を紹介している。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報