東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「いちご王国」をプロモーション 県が推進委の設立会議開く

推進委の設立会議に出席した関係者ら=宇都宮市で

写真

 県は二日、「いちご王国」プロモーション推進委員会の設立会議を、宇都宮市の県総合文化センターで開いた。都道府県別のイチゴ生産量で栃木県は五十年連続日本一が確実なことから、県は来年一月十五日から二月十四日までの一カ月間、官民挙げて県内でプロモーションを展開する。推進委は事業主体となる。

 会議には県内自治体や農業、商工、観光団体、県内外の民間企業などの関係者約六十人が出席。県が示した福田富一知事を会長とする規約案や、実施予定の事業案などを了承した。

 一月十五日に県庁で行う「いちご王国」宣言セレモニーからスタート。商業集客施設では、一月二十七日に佐野プレミアムアウトレット、二月三日に宇都宮市民バンバ広場、二月十日に那須ガーデンアウトレットでそれぞれイベントを開く。ほかに各地で、団体や企業も協賛イベントを展開する。 

  (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報