東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

クリスマスの寄せ植え 宇都宮の中学生徒32人

寄せ植え作りに励む環境委員会の生徒たち=宇都宮市で

写真

 宇都宮市立旭中学校で生徒たちがクリスマス用の花の寄せ植え作りを学び、色鮮やかな花を植えて自分好みに仕上げた。

 市が市内の小中学校を対象に今年から始めた花と緑の教室の一環。校内の環境委員会に所属する1〜3年生32人が参加した。

 生徒たちは市の担当者から緑化活動の意義を教わった後、スミレやシロタエギクなど7種類の花や植物を使い、鉢の中に軽石や肥料を混ぜながら丁寧に土をかぶせて植えた。生花店のスタッフが手助けした。

 最後にゴールドクレストに赤いリボンを付けて出来上がり。教職員も手伝って40鉢作った。校門前や教室に飾って育てるという。

 委員長の前沢ののかさん(2年)は「難しかったが、楽しくできた。枯れないようにしっかり手入れしたい」と笑顔だった。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報