東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

快晴の下 5856人快走 宇都宮マラソン大会

ハーフマラソンをスタートする参加者たち=宇都宮市で

写真

 第31回宇都宮マラソン大会(宇都宮市など主催)が19日、宇都宮市の清原中央公園を発着点に開かれた。5856人のランナーが快晴の空の下でコースを疾走。沿道の声援を受けながら気持ち良い汗を流し、力を振り絞ってゴールまで駆け抜けた。

 レースは男女や年齢、学年別に2キロ〜ハーフマラソンまでの19部門に分かれて競った。ゲストランナーには、昨年のリオ五輪男子マラソンにカンボジア代表で出場した、お笑い芸人の猫ひろしさんが登場。参加者を励ましながら一緒に走って大会を盛り上げた。

 会場では、地元の清原地区協力会のメンバーが名物「鬼怒の船頭鍋」を無料で振る舞い、ゴール後の参加者が笑顔で頑張っていた。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報