東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

宇都宮ブリッツェン・雨沢選手 ジャパンカップ3位、市長報告

佐藤市長(左)に来シーズンの抱負などを語った雨沢選手=宇都宮市で

写真

 十月に宇都宮市内であったアジア最高峰の自転車レース「ジャパンカップ」のロードレースで三位入賞を果たした宇都宮ブリッツェンの雨沢毅明(あめざわたけあき)選手(22)が、チーム関係者とともに同市役所を訪れ、佐藤栄一市長に入賞を報告し、来シーズンの抱負を語った。

 レース当日は台風の接近と荒天で厳しい条件だったが、最後まで先頭集団に残って奮闘。同レースでの三位入賞はチーム初の快挙で、雨沢選手としては前所属の那須ブラーゼン時代を含めて三回目の出場で達成した。

 佐藤市長から「感動した。来年は一位を狙ってほしい」と激励されると、雨沢選手は「雨の中でのレースで(転倒などの)リスクがあったが、地の利を生かせた」と激闘を回顧。

 さらに、終わったばかりの今シーズン全体を振り返り、「課題は数え切れない。力を付けて来シーズンはもっと上を目指したい」と飛躍を誓っていた。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報