東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

県勢「金」4個含む 過去最多32人入賞 技能五輪閉幕

閉会式後、壇上でガッツポーズする県選手団=宇都宮市で

写真

 県内で初開催された第五十五回技能五輪全国大会の閉会式が二十七日、宇都宮市の県体育館であり、競技の成績が発表された。県勢は金賞四人を含む過去最多の三十二人が入賞した。金賞四人も過去最多。県勢は団体賞でも茨城、長野両県選手団とともに優秀技能選手団賞を初めて受賞した。

 二十三歳以下の若者らが職場などで学んだ技能を競う大会。二十五、二十六両日に競技があり、全国の千三百三十七人(栃木は百三十七人)が四十二の職種の課題に挑んだ。(北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報