東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

サッカーの楽しさ 児童にプロが伝授 宇都宮・城山西小に栃木SCコーチ

コーチの指導でドリブルする児童=宇都宮市で

写真

 宇都宮市立城山西小学校1、2年生31人が、サッカーJ3・栃木SCのアカデミーコーチ久米洋司さん(38)と町田秀三さん(44)に、同校でサッカーを教わった。

 栃木SCが地元の園児や児童にサッカーの楽しさを伝える「キッズスマイルキャラバン」の一環。

 児童らはドリブルやパス練習でボールの扱い方を学ぶと、思い思いにボールを蹴って実践。シュート練習ではゴールを決める度に笑顔を見せた。最後はミニゲームで懸命にボールを追い掛けていた。

 松崎龍太朗君(2年)は「本当のサッカーを学べて楽しかった。もっとやりたい」と満足そうだった。(藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報