東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

栃木SC・監督と選手がJ2復帰を報告 宇都宮市を訪れる

佐藤市長(中央)を訪ねた栃木SCの関係者=宇都宮市役所で

写真

 サッカーJ3の栃木SCの監督、選手ら四人が宇都宮市役所を訪れ、佐藤栄一市長にJ2復帰を勝ち取った今季の報告をした。

 今季は十六勝四敗十二分けで十七チーム中二位。観客動員数はホームの十六試合で計八万二千三百五十二人だった。

 クラブの橋本大輔社長と横山雄次監督、広瀬浩二主将、広瀬健太副主将が十二日に市役所を訪問。佐藤市長は後半に同点に追い付いて引き分け、J2復帰を決めた最終戦を振り返り「最後まであきらめない気持ちが市民にも伝わった」と激闘をねぎらった。

 横山監督は「(J2チームとの入れ替え戦で敗れた)去年は申し訳なかったが、今年は期待に応えられた。皆さんの後押しがあったと思う」とファンに感謝していた。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報