東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「猫よけ器」試して 矢板市が来月から無料で貸し出し

市民に貸し出される2種類の猫よけ器=矢板市役所で

写真

 矢板市は、家庭でのネコのふん尿被害を防ごうと、超音波でネコを遠ざける装置「猫よけ器」の貸し出しを来年1月4日から始める。試用して効果が確認されれば、装置の購入を検討してもらう。

 猫よけ器は超音波でネコが嫌がる音を出して遠ざける仕組み。住宅の門の近くや庭先に設置する。装置は市販品2種類計10台を用意。貸し出しは無料で1世帯2台まで。効果を試すことが目的で多くの市民に使ってもらうため、貸し出す期間は2週間以内とした。

 ネコのふん尿被害の苦情や相談が多くあり、導入に踏み切った。市危機対策班によると、東京都三鷹市も貸し出しており、順番待ちが出るほど利用されているという。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報