東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

重さ700キロの大鏡餅を奉納 高根沢・安住神社で五穀豊穣願う

拝殿中央に供えられた重さ700キロの大鏡餅=高根沢町で

写真

 高根沢町上高根沢の安住(やすずみ)神社で三十日、年末恒例となった重さ七百キロの大鏡餅の奉納式があった。神職らがフォークリフトなどを使って拝殿中央に供え、新年を迎える準備を整えた。

 大鏡餅は稲作が盛んな町内の五穀豊穣(ほうじょう)を願って一九八二年から毎年供えられ、神社の御神田で収穫されたもち米を使う。直径は下段が百十センチ、中段が八十センチ、上段が六十センチの三段重ねで、高さは九十センチある。

 見物客が見守る中、餅つきと神事が執り行われた後に下段と中段がフォークリフトで一緒に運ばれた。続いて十二人のみこが上段を担いで運び込み、三段重ねが完成。最後にしめ縄とかんきつ類のバンペイユを飾り付けると、神主が舞を奉納して締めくくった。

 来年一月二十日に鏡開きがあり、二月三日の節分祭で福餅として振る舞われる。宮司の荒井清勝さん(67)は「今年は自然災害の多い年だったが、町内は豊作に恵まれた。来年は世界的に平和で豊かな年になってほしい」と願っていた。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報