東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

女子生徒蹴り打撲傷 佐野日大高 バレー部顧問処分

 佐野市の佐野日大高で女子バレーボール部の顧問を務めていた男性教諭(53)が二〇一五年、当時三年生だった部員の女子生徒に蹴るなどの体罰を加えていたことが十七日、同高への取材で分かった。教諭は「チームを引き締め、連帯性を意識させようとした」などと弁明したという。

 同高によると、一五年十月に行われた練習試合で女子生徒が教諭から太ももを蹴られるなどし、約二週間の打撲などと診断された。同高は体罰と判断し、教諭を約三週間の出勤停止と減給の懲戒処分とした。教諭はその後、顧問を解任された。

 体罰があったことを今月になって県などに報告したという。榊原茂明教頭(60)は「報告が必要との認識が甘かった。行き過ぎた指導で、生徒の気持ちへの配慮を徹底する」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報