東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

マンホールふたに「とちまるくん」 県デザイン、設置へ

デザインの見本を手に記者会見する福田知事=宇都宮市で

写真

 福田富一知事は、県が管理する流域下水道のマンホールに、県のマスコットキャラクターとちまるくんをデザインしたふたを設置すると発表した。

 デザインはカラー版と、着色のない通常版の二種類。カラー版は三十日、県央浄化センター(上三川町)の敷地内に一カ所設置する。通常版は三月以降、老朽化しているふたの更新にあわせ順次設置する。対象は約百四十カ所という。

 全国の自治体では近年、下水道事業のイメージアップを狙い、独自のデザインをあしらったふたを設置する動きが広がっており、愛好者が現地に赴くなど観光誘客の呼び水にもなっている。福田知事は十六日の定例記者会見で、カラー版の見本を手に「下水道事業の理解促進につながれば」と期待した。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報