東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

足利学校ゆかりの刀「景国」と沖田総司愛用「清光」「安定」 来月に初公開

左から「清光」「景国」「安定」(足利学校提供)

写真

 足利市の足利学校にゆかりのある刀工「源景国(みなもとのかげくに)」と新選組の沖田総司が愛用した刀を手掛けた刀工「加州清光(かしゅうきよみつ)」「大和守安定(やまとのかみやすさだ)」の三人が打った刀が二月二〜二十五日、足利学校で公開される。清光と安定は刀剣ブームに火を付けた人気オンラインゲーム「刀剣乱舞」のキャラクター名にもなっており、「刀剣女子」ら多くの刀剣ファンの熱視線を集めそうだ。 (吉岡潤)

 展示されるのは、三人が江戸時代に打った刀と鍔(つば)、鞘(さや)、柄(え)など。いずれも個人所蔵で一般公開は初めて。

 景国は全長九二・六センチ、刃長七〇・八センチで、幕末の一八六二(文久二)年作の銘が刻まれている。同年、景国は足利学校で脇差しを作刀しており、足利藩士から絵師に転じ、明治時代にかけて画家として活躍した田崎草雲が所持していたとされる。今回の刀は脇差しと同時期に足利学校で打たれたとみられる。

 清光は加賀(石川県)、安定は武蔵(東京都など)の刀工で、清光の刀は全長八六・九センチ、刃長六九・三センチ、安定はそれぞれ一〇七・六センチ、八二・八センチ。名刀を擬人化した「刀剣乱舞」では、登場キャラクターとして「加州清光」「大和守安定」が名を連ねる。

 足利市では昨年三〜四月、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した刀工の堀川国広が打った名刀「山姥切(やまんばぎり)国広」の特別展が開かれ、大盛況だった。足利学校事務所によると、今回の展示は、国広ら数々の刀工が足利学校で刀を打った歴史を知る所有者から「ぜひ展示してほしい」と申し出があって実現した。

 事務所担当者は「戦国時代から幕末まで、刀工たちにも注目される場所であったという足利学校の一面を知っていただく機会になれば」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報