東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

ゆるキャラ+シンガー 来月4日 大田原でコラボ、フェス

フェスへの参加を呼び掛ける与一くんと清水さん(左から2人目)ら=大田原市で

写真

 大田原市のイメージキャラクター「与一くん」とご当地キャラのテーマ曲などを手掛けるアーティストらがコラボするコンサート「ヒト音(on)フェス〜大田原ふるさと大使編」が二月四日、同市南金丸の道の駅那須与一の郷で開かれる。主催者の一人で大田原ふるさと大使の清水孝宏さんは「子どもも楽しめる温かいライブにしたい」と意気込んでいる。

 清水さんは同市出身のシンガー・ソングライターで、与一くんの公式テーマソング「Hey!Say!Yoichiくん」を作った。地域を盛り上げようと全国のゆるキャラが集まるイベントなどを開いてきたが、ゆるキャラたちの踊りなどのほか、アーティストのオリジナル曲も同時に楽しんでもらおうと今回のフェスを企画した。

 出演するのは「ご当地キャラソングの帝王」として人気のシンガー・ソングライター石田洋介さん、NHK番組「おかあさんといっしょ」で体操のおねえさんを務めた、いとうまゆさんの同大使二人のほか、シンガー・ソングライター神崎隆広さん、アコースティックデュオ「サスケ」、地元パンクバンド「Hi−ENE」。与一くんの仲間のゆるキャラ「イナゴージャス」「ふにゃっしー」なども登場するという。

 フェスは午後一時半開演。定員は二百人で、このうち百人をインターネットで寄付を募るクラウドファンディング(三千円から)で募集している。詳細はフェスのホームページで紹介している。

  (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報