東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

全国高校サッカーV 前橋育英 足利出身 湯沢選手が喜び報告

「チームを勝たせることができる選手になりたい」と語る湯沢選手=足利市役所で

写真

 全国高校サッカー選手権で初優勝した前橋育英高(群馬県)のGK湯沢拓也選手(18)が出身地の足利市役所を訪れ、和泉聡市長に喜びを報告した。県予選から選手権まで9試合に出場してわずか1失点と、練習で培った実力を発揮。「三年間、選手権で優勝するために頑張ってきた。うれしい」と顔をほころばせた。

 ベンチ入りできず、スタンドで見守った前回大会決勝は青森山田高(青森県)に0−5で完敗。「今回はどこよりも決勝にかける思いが強く、負ける気はしなかった。足利で応援してくれる人たちのためにも優勝したかった」。流通経済大柏高(千葉県)を1−0で破り、頂点に立った。

 足利市の坂西北小学校時代は坂西ジュニオール、坂西中学校時代は足利ユナイテッドに所属した。小三の終わりにサッカーを始め、小四でGKに。「痛いし怖いし嫌だと思いながら我慢してやっていた」。やがてシュートを止めてチームが勝つと「楽しい」と思えるようになったという。

 強豪の前橋育英高入学後は練習についていくのに苦労し、同期の優秀な選手との実力差を痛感。「差を埋めようと他の人より練習した」。努力家の好漢は自分の力を誇らず、選手権での堅守も「ディフェンスの四人がすごく頼もしかった」と仲間をたたえた。

 卒業後は立正大に進む。「プロ選手になるのが目標。でもあまり先のことを考えるとうまくいかない。まず身近なことをクリアしていきたい」と謙虚。和泉市長は「足利市民の誇り。まだ通過点。頑張ってください」と激励した。(吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報