東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

女優・沼尾みゆきさんに とちぎ未来大使「仕事や歌で恩返ししたい」

「とちぎ未来大使」となった沼尾さん(右)=宇都宮市で

写真

 県は24日、宇都宮市出身のミュージカル女優、沼尾みゆきさん(44)に、県をPRしてもらう「とちぎ未来大使」を委嘱した。

 沼尾さんは「劇団四季」に所属して多くのヒロインを演じ、退団後もミュージカルの舞台などを中心に活躍している。

 県庁で福田富一知事が委嘱状を手渡した。沼尾さんは「普段は東京で生活し、仕事をしている。この年齢になり、栃木の山やきれいな水、空気がいかに大切か分かるようになってきた。仕事や歌で、恩返しをしたい。栃木のよいところを全国に宣伝していく」と抱負を語り、福田知事は「大いに活躍してください」とエールを送った。

 とちぎ未来大使は、県のPRを目的に、県出身者や県にゆかりがあり、さまざまな分野で活動している人に委嘱している。沼尾さんで341人となる。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報