東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

障害者が手作り、干し芋 小山の道の駅できょう試食・販売会

障害者が作った3種類の干し芋=小山市で

写真

 小山市乙女の社会福祉法人「パステル」の施設を利用する障害者が試作した干し芋の試食・販売会が二十六日、同市の道の駅思川で開かれる。

 干し芋作りは道の駅とパステルの連携事業。障害者が計八アールの畑でサツマイモのベニアズマ、ベニハルカ、タマユタカの三品種を無農薬、無化学肥料で栽培し、昨秋に約七百キロを収穫。手作業でスライスしたり、天日干しをしたりして品種ごとに製品に仕上げた。サツマイモのイラストが描かれたパッケージに、品種による甘さや柔らかさの違いを表示した。

 一袋百八十グラム入り(五百円)を約百五十袋用意。午前九時半から販売する。残っている原料も製品化し、道の駅で販売する。

 事業を支援する市農政課の担当者は「障害者の雇用につながれば。手作りで、甘くておいしい」とPRした。来年度も製造を続けるという。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報