東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

SL、陽明門の需要見越し 日光−羽田・横浜、来月10日から直通バス

 東武バス日光(日光市)は、日光地区と羽田空港・横浜駅を結ぶ空港連絡バスを2月10日から運行する。急増する訪日外国人観光客や国内各地からの観光客の利便性向上を図る。

 日光地区では昨年、日光東照宮の陽明門が「平成の大修理」を終え、東武鬼怒川線では蒸気機関車(SL)「大樹」が運行を始めるなど見どころが増えており、観光客の受け入れ強化に向けて運行が決まった。

 京浜急行バス(東京)との共同運行で平日、土休日とも午前と午後に1便ずつ往復する。発着点は鬼怒川温泉駅と横浜駅で、羽田空港を経由する。日光地区では東武日光駅と下今市駅にも停留所を設ける。運行距離は約223キロで所要時間は4時間20分前後。

 運賃は大人3300円、子ども1650円。乗車券の予約・発売は1カ月前からで、当日発売は空席がある場合のみとなる。 

  (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報