東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「とちまるくん」決定、専用サイト開設… とちぎ国体 22年開催 県が準備加速 

マスコットキャラクターの基本デザイン=県提供

写真

 県は、2022年に県内で開催する「第77回国民体育大会(いちご一会(いちえ)とちぎ国体)」と、「第22回全国障害者スポーツ大会(いちご一会とちぎ大会)」に向けて準備を本格化させている。マスコットキャラクターとちまるくんの基本デザインなどを決定。とちぎ国体では、イメージソングを募集しており、専用ウェブサイトも開設した。 (北浜修)

 県のマスコットキャラクターとちまるくんは、両大会でもマスコットキャラクターの大役を担う。

 県国体準備室によると、基本デザインは2種類。実施競技などに対応する各種の展開形も順次、制作していく。併せて、とちまるくんと大会の愛称、スローガンの規定書体が描かれた両大会のロゴも決めた。

 とちぎ国体に向けて、県はイメージソングを募集。応募期間は4月13日まで。誰でも応募できるが、アマチュアに限定。グループでの応募も可。採用作品は1点。賞金は30万円。

 作品は5分以内で歌詞は3番まで。曲、歌詞のみの応募は不可。国体にふさわしい、軽快でさわやかな曲調、幅広い年齢層に分かりやすい歌詞やメロディーを求めるという。イメージソングは開会、閉会式や各競技場での演奏、国体の広報活動などに広く使用する。

 県は、とちぎ国体の専用ウェブサイトも開設した。国体関連の情報は、県のホームページ(HP)にも掲載しているが今後、情報量が多くなると見込まれ、専用サイトを開いた。県HPに掲載の情報も順次、専用サイトへ移行するという。

 専用サイトでは、国体関連の動きを随時、「ニュース&トピックス」として紹介する。「キッズページ」もあり、とちまるくんが子供向けに、平易な表現で国体について説明している。

 問い合わせは、県国体準備室=電028(623)3522=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報