東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

シンガポール学生、小山は好みの場所 日本語スピーチ優勝 市などの招待で来県

小山の印象について語るリーさん(右)=小山市役所で

写真

 在シンガポール日本大使館などが主催する、シンガポール日本語スピーチコンテストの高等学府の部で優勝した、シンガポール国立大三年のリー・ラッセルさん(23)が、同国と交流のある静岡県と小山市の招待で来日した。同市内には一月二十六日〜二十九日まで滞在。市役所を表敬訪問したほか、渡良瀬遊水地の見学や本場結城紬(つむぎ)の着心地体験などに参加した。

 リーさんは、日本の特撮ヒーローに興味を持って日本語を学ぶようになったという。市役所で大久保寿夫市長らと面談して「日本は四回目だが、栃木県は初めて来た。自然が好きなので小山は好みの場所だ」などと日本語であいさつした。

 市が進める外国人観光客の誘致について「小山に来たことがある外国人の力を借りて、情報を発信してもらうのが良い。本国の人たちにより伝わると思う」と指摘した。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報