東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

折り紙自販機 日光に 売れ行き好調「モデルケースに」

自動販売機で買った折り紙作品を持つ観光客=日光市で

写真

 日光市の日光東照宮近くに、折り紙作品を取り扱う自動販売機が登場した。作品は福祉施設に通う障害者の手作り。観光客らが旅の思い出に買い求め、売れ行きも好調だ。設置した会社は「障害のある人にやりがいのある仕事をしてもらうモデルケースになれば」と意気込んでいる。

 今月初旬、最寄り駅から東照宮まで観光客が向かう日光街道。道ばたに、カラフルな和柄のデザインを施した中古のたばこ自販機があり、「折紙(おりがみ)」の文字が躍る。友人と一緒に観光に来た会社員の猪瀬奏恵(かなえ)さん(21)=さいたま市=は、たばこ箱大のパッケージから折り鶴を取り出し「日光のイメージにぴったり」と声を上げた。

 自販機は宇都宮市のIT関連企業「アクシス」が昨年十月に設置した。「日光に折り紙の自販機を置くと面白そう」「障害者の就労支援に」。社員との雑談から生まれたアイデアを社長の和気悟志(わきさとし)さん(41)が採用。「つるのはねプロジェクト」と銘打ち、日光市の就労支援事業所「すかい」の協力を得て実現した。

 手掛けるのは知的障害のある女性三人だ。鶴やかぶと、まりなどの五作品一組で二百円。種類は一応決まっているが「楽しんで取り組むのが大事。その時々で作品が変わることも」。中身は箱を開けてのお楽しみだ。

 設置当初、五十組超を販売したところ、二日ほどで完売した。三カ月で約七百組が売れ、制作が追いつかないこともある。これまで仕事が困難だったという三人。事業所長の郷間(ごうま)優子さん(34)は「みんな生き生きと作業している」と手応えを感じている。

 箱に入っているQRコードがフェイスブックにつながっており、写真で作り手の様子などを紹介している。郷間さんは「買った人が障害者を身近に感じるきっかけになれば」と期待する。

 今後はフェイスブックから観光情報も発信する予定だ。和気さんは「日光の新しい観光資源として定着させ、就労支援として他の事業所にも広げたい」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報