東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

冬のボタン堪能 日光・道の駅に室内庭園

庭園風に飾り付けられているボタン=日光市で

写真

 大きく豪華なボタンの花を楽しめる「日光街道今市宿 牡丹(ぼたん)室内庭園」が15日、日光市今市の道の駅日光の多目的ホールで始まる。「日光の自然」をテーマにして飾り付けられた約100種、300鉢のボタンが咲き誇る。25日まで。

 市観光協会が主催、今市牡丹愛好会が協力した。花の少ない時期に春を感じてもらおうと、ボタンは産地の松江市から陸送。温度管理によってこの時期に花を咲かせている。

 日光市の専門業者が庭園風に飾った。流木などで大谷川などの日光の川を表現し、小田代原に立つシラカバの「貴婦人」と似た枝ぶりの木も配置されている。

 展示は7回目。今回は平面的に並べ、庭園を散策しながら花の香りをかいだり、大輪を真上から見下ろしたりして楽しめるよう工夫している。

 愛好会の川瀬邦夫代表(80)は「花の咲き具合が良い。冬の飾り付けでは日本一だと思う」と来場を呼び掛けていた。

 入場料は200円(中学生以下は無料)。開催時間は午前9時〜午後5時で、土曜は午後7時まで。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報