東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

那須町の雪崩事故忘れない 発生から1年 来月27日に追悼式

 県は十五日、県立大田原高校の生徒と教員計八人が死亡した那須町の雪崩事故の発生から一年となる三月二十七日に、同町のなす高原自然の家で追悼式を行うと発表した。県と県教育委員会、県高校体育連盟が主催し、遺族も出席する。

 遺族や福田富一知事ら主催者代表のほか、消防や山岳救助、事故検証委員会の関係者、大田原高校の教職員と生徒ら、計約百人の出席を見込む。一般からの参加は受け付けない。当日は同町の小丸山園地展望台に献花台を設置する予定。

 福田知事は十五日の定例記者会見で「弔意をささげ、再発防止を誓う。山の事故をなくし、学校活動における事故も未然に防止することを決意する催しにしたい」と述べた。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】